プラセンタ 子宮筋腫

私がプラセンタサプリを使った理由

悩み

子宮筋腫が出来ていると言われたのは私が38歳の頃です。

 

生理は終わっているはずなのに出血が続くので婦人科で検査してもらったところ発覚しました。

 

筋層内筋腫で大きさ3cm程度ということでその時は要経過観察。

 

半年後の健診では更に大きくなっていて4cm大に・・・。もともと貧血気味だったことも有り結構フラフラすることも。

 

私の場合もう一人子供が欲しかったことも有りGn-RH製剤を使ったホルモン療法だけはNG。

 

Gn-RH製剤はエストロゲンの分泌を止めるので、人工的に閉経状態を作り出すホルモン剤だそうです。そうすると更年期特有の症状であったり骨粗鬆症が発症するリスクが高まる事もあるそうです。

 

手術・ホルモン療法以外で何とか出来ないかと色々調べてプラセンタが子宮筋腫に効果が有るという話に辿り着きました。飲み始めて半年後には2cm程度までに子宮筋腫が小さくなるとともに貧血で悩むことが無くなりました。

 

プラセンタは子宮筋腫を大きくする??

 

子宮筋腫の悩み

私はプラセンタサプリを飲み続けて子宮筋腫が小さくなりましたが、逆に大きくなるのでは!?という意見も有ります。でもプラセンタ療法を受けて大きくなったという報告は実際には殆ど無く、臨床例では小さくなる効果が認められる事の方が多いです。

 

プラセンタの権威である吉田クリニックの吉田院長の「女性の不調を解消するプラセンタパワー」という本の中でもプラセンタが子宮筋腫の発育を抑制し、それに伴う症状の軽減に有効であることが分かっている。と書かれています。

 

メモ:吉田院長は日本胎盤臨床研究会の初代理事長でプラセンタ療法の日本での第一人者と言われている方です。

 

 

子宮筋腫は女性ホルモンであるエストロゲンの影響で大きくなると言われています。

 

そのため胎盤抽出エキスを使用したプラセンタは同じホルモンだから更に子宮筋腫を大きくするのでは?
という意見が有るようですが、これが間違いです。なぜなら・・・

 

 

プラセンタはホルモンでは有りません。

 

 

確かにプラセンタにはホルモン調節作用が有り、エストロゲンやプロゲステロンの分泌量を最適に調整することは出来るのですが、それ自体はホルモンでは有りません。しかも、子宮筋腫の原因であるエストロゲンの分泌を増やすものでも有りません。プラセンタの効能についてはまだまだ色々調査中だそうですが、プラセンタには体内のホルモンバランスを最低なバランスに調節する作用が有ります。

 

ホルモンが必要な部位にはホルモンを出すように働きかけたり、逆にホルモンが悪さをしている場合にはホルモンを出さないようにしたり。体の状態を見てホルモンを調節してくれるのがプラセンタの良い所。

 

 

赤ちゃん

普通の薬の概念から言うとホルモンを減らすか増やすかのどちらかしか出来ないのですが、プラセンタの場合には体の状態に応じて増やしたり減らしたりしてくれるんです。赤ちゃんが宿っていた【胎盤】から抽出したエキスだからこその神秘のパワーですね。

 

ちなみに私の貧血症状が改善されたのはプラセンタに貧血改善作用と造血作用が有るからです。

 

プラセンタの安全性/副作用は?

 

まずはプラセンタの副作用に関してですが

 

現状プラセンタ注射やサプリメントを飲んでいる人で
重大な副作用が発生したという例の報告は有りません。

 

ただ、軽微な副作用としては以下の様なものが上げられます。

 

・皮膚の湿疹やかさぶたが悪化したように見える
・夜明け前の非常に早い時間帯に目が覚めてしまう
・一度閉経したにも関わらず再度生理が始まる
・通常月1回の生理が2回も発生してしまう

 

いずれもプラセンタの細胞増殖因子の影響で細胞が元気になっている証拠です。
症状は基本的に一時的なもので継続して起こるという事例は有りません。

 

プラセンタの安全性と安全対策

安全性・副作用

続いて安全性に関してですが、これも心配有りません。

 

胎盤を利用するとなるとやはり感染症が心配ですが、製造工程時に血液は全て除去されていますし、ウィルスを除去するために120度以上の高温で数十分間滅菌しウィルスの不活性化も行うのが普通です。

 

このような安全性対策を取られていることもあって副作用もほとんど無いのがプラセンタの魅力でも有ります。確かに滅菌処理してしまうとプラセンタ自体もパワーダウンしてしまうのですが、安全性を確実に確保するためには仕方有りませんね^_^;

 

私が使っているプラセンタ

 

私が使っているのは馬プラセンタサプリの
「プラセンタファイン」という商品です。

 

プラセンタファイン

 

 

というのもプラセンタ注射を子宮筋腫の治療目的で使った場合保険の適用が無いからなんです。

 

プラセンタ注射を保険適用で受けられるのは
乳汁分泌不全・更年期障害・肝機能障害の治療で
使った場合のみ。それ以外は自費になります。

 

自費でプラセンタ注射を受けると1ヶ月2万円程度かかるクリニック
が多く、経済的な理由からプラセンタサプリメントにしました。

 

なぜプラセンタファインにしたかというと

 

北海道産サラブレッドの胎盤を使用しているから

悩み

サラブレッドは日本でも数千頭しかおらず、生まれた時から病気にならないように徹底管理されているため安全性が極めて高いです。

 

また馬は豚と比べると体温が高いため病気や感染症の可能性が極めて低く豚と違って病気や感染症を防ぐために沢山注射を受けているということも有りません。

 

いずれにせよ製造工程時に滅菌処理されるとはいえ、素材も安全な方が安心できますからね。

 

純度100%のプラセンタを使用

純度100

プラセンタファインのプラセンタ粉末は水で薄めたりしていない純度100%原末プラセンタを使用。

 

そのため、健康・美容に良い成分がギュッと凝縮されています。

 

他にもコラーゲンペプチド・ローズヒップ・アスコルビン酸・大豆レシチンなどエイジングケアに有効な成分がタップリ。特にアスコルビン酸は免疫力をアップさせますし、大豆レシチンは細胞活性化に役立つので健康面でも有用です。

 

医薬品製造も行っているGMP認定工場で製造

GMP

 

GMPは外部の審査機関が安全に製造できる工場であると認めた工場にだけ付与されるもので、GMP認定された工場で製造されたプラセンタは非常に安全性が高いと言えます。

 

右記画像のように品質保証書や品質規格書が作成され医薬品を製造している工場と同じ工場でプラセンタファインは製造されているんですよ!!

 

 

 

あと、個人的にプラセンタは美容にとっても良いという点も私がプラセンタをおすすめする理由です。飲み始めてわかったことなのですが、数日するとお肌がプルプルしてきて毎朝、鏡でお肌を見るのが楽しみになります。

 

ストレスは子宮筋腫にもよくありませんから、毎日お肌が良い方向へ変わって行くのを実感しながら生活していると子宮筋腫にも良い影響を与えるのかなぁと思います。(完全主観ですけど(汗)。 プラセンタファインの満足度は97%なのできっと変化を感じられると思います。)

 

今なら本体の単品価格が9,450円のところが、お試し品2,980円で買えるので子宮筋腫の治療のためにも美容のためにも一度使ってみると良いと思います♪

 

 

プラセンタファイン